クレジットカードを持つ魅力|初心者向けガイド

レディ

現地通貨として利用

旅行

防犯性が高く手軽

トラベルプリペイドカードとは、日本円でチャージしておくことで、海外で現地通貨として利用できるようになるというカードです。たとえば10万円分をチャージした場合、その10万円分に相当するドルやユーロなどを、現地のATMで現金として引き出すことが可能となるのです。海外に行く人の多くが、出国前に日本であらかじめ、使う予定のお金を外国通貨に両替しています。つまり、多くの現金を持った状態で出国するわけですが、トラベルプリペイドカードがあれば、その必要はなくなります。現金が必要になったタイミングで、必要な額のみを引き出して使うことになるので、盗難などにより多くの現金を失うリスクが少なくなるのです。トラベルプリペイドカードそのものを盗まれたとしても、暗証番号が知られていなければ、チャージしたお金が使われることはありません。この防犯性の高さから、海外で自分のお金を守るために、多くの人がトラベルプリペイドカードを活用しています。またトラベルプリペイドカードは、クレジットカードのように利用することも可能となっています。対応している店舗でなら、買い物や飲食などをした場合に、トラベルプリペイドカードの提示で会計を終えることができるのです。現金を使わずに済むため、会計がスムーズになりますし、つり銭の間違いといったトラブルも発生しにくくなります。このように海外で便利に使用できる上、トラベルプリペイドカードはクレジットカードと異なり、発行に審査が必要ありません。チャージできるお金があれば誰でも利用できるので、その点も大きなメリットとされています。